家の建て替えにかかる費用は?戸建て土地ありの場合の相場はいくら?

promotion

「家の建て替えにかかる費用を知りたい」

「建て替えが予算内で収まるか心配」

「できるだけ費用を抑えて建て替えたい」

このような悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。

相続で引き継いだ建物や生活しやすい環境を整えるために、建て替えを考える人は少なくありません。

しかし、家の建て替えは多額の費用が発生してしまい、建て替えするか迷いますよね。

当記事は、建て替えにかかる費用の総額や費用のシミュレーション、安く抑えるポイントについて紹介します。

当記事を参考にすることで、ご自身の建て替えにかかる費用を把握でき、少しでも安く建て替えられるようになります。

家づくりのプラン作成を検討している方には「HOME4U 家づくりのとびら」がおすすめです!

  • ネットで簡単3分入力で依頼可能
  • 株式会社NTTデータの100%子会社が運営する安心感・信用度
  • コーディネーターが、状況や要望に応じてサポート!

HOME4U 家づくりのとびら」は、あなただけの家づくりオリジナルプランを“無料”で、まとめて依頼できるサービスです。

間取り・資金計画・土地探しなど、あなたのお悩みを整理できるので、理想の注文住宅のプランが見つかる!

\\妥協しない暮らしを叶える第一歩を//

もくじ

家の建て替えにかかる費用の総額は?全国平均約3,300万円!

家の建て替えにかかる費用総額は、全国平均で約3,300万円です。

建て替えを行う地域や建て替えに使う素材によって大きく価格が変動します。そのため、事前に見積もりを取ることが大切です。

また、建て替えの費用を抑えるためには、ハウスメーカーと相談しながら省ける費用がないかを確認しましょう。

たとえば、リフォームで対応できる部分があるのか、建て替えをする必要があるのかなどです。

ハウスメーカーへ家の建て替えを依頼する際は、省ける料金がないか見積もりで相談をしてみましょう。

費用の内訳は?3つの費用とそれぞれの相場

ここでは費用の内訳について、見積書に含まれる建て替え関連の費用を紹介します。

家の建て替えに発生する費用の内訳は以下の通りです。

  • 工事関連費用
  • 引っ越し費用・仮住まい費用
  • 税金・保険料

上記3つの費用について詳しく解説します。

費用を把握することで抑えられるポイントを見つけられるので、ぜひ参考にしてください。

また、費用の内訳は利用するハウスメーカーによって異なります。

そのため、詳しい費用の詳細について知りたい人は、ハウスメーカーの見積もりを基に判断をしましょう。

工事関連費用

家の建て替えで最もかかる費用は、工事関連による費用です。

工事関連だけでも、2,000万円〜5,000万円かかるケースがあります。

家の建て替え工事に発生する費用は、主に以下の通りです。

  • 建物の解体費用
  • 建て替え前の地盤調査費用
  • 建築費用(建材・建設労働者の賃金等)
  • 外構工事費用(庭や駐車場の整備費用)
  • 税金(登記費用・固定資産税など)

また、依頼するハウスメーカーや使用する機材、素材によって大きく価格が変動します。

引っ越し費用・仮住まい費用

家の建て替えは、工事中の引っ越し費用や仮住まい費用もかかります。

家の建て替えの工事は、1か月〜3か月程度の期間が必要です。

引っ越し費用には、家財道具の梱包や運搬費用、不用品の処分費用などが含まれます。

また、建て替え中の仮住まいは、家賃や敷金、礼金、光熱費、家具家電のレンタル費用などが発生します。

これらの費用は引っ越し先や期間によって異なり、一般的には100万円から300万円程度が相場です。

税金・保険料

家の建て替えは、新築の場合、固定資産税や火災保険料がかかります。

固定資産税とは、土地や建物の面積や評価額に応じて決まる税金のことです。

一方で、火災保険料は以下の要素から保険会社が独自の計算方法で料金を設定します。

  • 建物の種類
  • 建物の形
  • 建物の費用
  • 保険の内容
  • 保険の期間

また、一般的には、固定資産税が年間10万円程度で火災保険料が年間9万円程度が相場です。

保険料は利用する会社によって変動するので、サービスや費用を比較して決めましょう。

2,000万円で足りる?戸建て土地ありの場合の費用相場

家の建て替えは、戸建て土地ありの場合、2,000万円で足りるケースがあります。

家の建て替えを2,000万円に抑えるには、少ない坪数でシンプルな構造の建物にする必要があります。

また、建て替えを依頼するハウスメーカーの費用や諸費用の節約をする必要があるので、必ず2,000万円以内に抑えられるわけではありません。

そこで、ここでは坪数別の費用相場や建物の構造でかかる費用、1,000万円以下で収まる場合を詳しく解説していきます。

ご自身の家の建て替えにかかる費用相場を把握できるので、ぜひ参考にしてください。

坪数別の費用相場|20坪・40坪・60坪それぞれの場合

ここで紹介する坪数別の費用相場は、おおよその平均相場なので、ご自身の状況に応じて発生する費用は異なります。

20坪・40坪・60坪の費用相場は以下の表の通りです。

坪数 相場
20坪 15,000,000円〜25,000,000円程度
40坪 25,000,000円〜35,000,000円程度
60坪 35,000,000円〜55,000,000円程度

家の建て替えは、坪数が大きくなるほど工事費用や建築費用がかかるので相場が高くなります。

一方で、20坪〜30坪はコンパクトに工事や建築を行えるので、費用を抑えられます。

建物の階数や構造によって異なる

家の建て替えは、坪数以外にも建物の階数や構造によって費用相場が変動します。

たとえば、2階建の土地あり古家を平家の新築にする場合は、2階建の家よりも高くなります。

平家は、2階建よりも坪数を使うので総費用が高いです。

木造や鉄骨造などの構造や、建物で用いる工法によっても費用は変わります。

とくに、耐震性を高めるために鉄骨造にする場合は、費用が通常の2〜3倍も高くなる傾向があります。

そのため、費用を抑えるには、価格を抑えられる資材を使いシンプルな設計で家を建てなければなりません。

総額1,000万円で収まる場合もある

ハウスメーカーによっては総額1000万円で収まる場合もあります。

家の建て替えで総額1,000万円で収めるには、小さい坪数でシンプルな設計を検討しましょう。

たとえば、坪数が20坪以下の2階建にすれば、シンプルかつコンパクトに家の建て替えを行えるので、1,000万円に抑えられるでしょう。

また、家の建て替えで利用する素材を低価格にすれば、総合的にかかる費用を抑えられます。

ただ、費用を抑えようとすると、どうしても耐震性や耐久性が弱くなるので注意が必要です。

建て替えを安く抑えたい!4つのポイント

「家の建て替え費用を安く抑えたい」や「できるだけ予算以内に抑えたい」と感じる人もいるのではないでしょうか。

家の建て替えは、将来的に生活の支えになるので妥協はしたくないけど、少しでも費用を抑えたいですよね。

そこで、ここでは家の建て替えを安く抑えるための4つのポイントを紹介します。

  • 複数のハウスメーカーで見積もりを比較する
  • 建て替え時期によって価格が変動する
  • 給付金や補助金、減税措置を利用する
  • 解体工事と建築工事をまとめて依頼する

上記4つのポイントについて詳しく解説していきます。ぜひ家を建て替える際の参考にしてください。

複数のハウスメーカーで見積もりを比較する

1つ目のポイントは、「複数のハウスメーカーで見積もりを比較する」ことです。

家の建て替えでは、資材や機材、施工方法によって発生する費用が変動します。

ハウスメーカーによる見積もりは以下の費用を確認しましょう。

  • 解体費用と建築費用
  • 諸費用
  • 別途工事費用

ハウスメーカーによっては、下請けや仲介を通して仲介費などが発生します。

そのため、複数のハウスメーカーを見積もることで、費用を安く抑えられるハウスメーカーを見分けられます。

一方で、1社だけでハウスメーカーを決めてしまうと極端に費用が高くなっていても気づけません。

納得のいく費用感で建て替えをするために、複数社から見積もりをしましょう。

建て替え時期によって価格が変動する

2つ目のポイントは、「建て替え時期によって価格が変動する」ことです。

たとえば、ハウスメーカーは冬期の雪などによって仕事が少ない場合があります。

そのため、冬の建て替えの依頼は、割引価格や値下げなどしてくれる会社もあります。

一方で、3月〜4月の新年度に向けて家の建て替えが増える傾向です。

また、季節で材料の価格が変動する場合があります。

ハウスメーカーに依頼する際は、家を建て替える時期やタイミングを見て予算を抑えましょう。

給付金や補助金、減税措置を利用する

3つ目のポイントは、「給付金や補助金、減税措置を利用する」ことです。

建て替えは、住んでいる自治体や国からの給付金などの補助金を利用できます。

給付金や補助金を使うことで、総額費用の半分以上を負担してくれる場合があります。

しかし、給付金や補助金は、一定の条件を満たさなければ支給されません。

そのため、事前に適用できそうか国や自治体のホームページで確認しましょう。

新築の戸建てであれば、減税措置を活用できます。戸建ての場合は、固定資産税が3年間の軽減です。

ただ、減税措置の制度は、税制改正によって2024年3月31日で終了します。

家の建て替えを検討している人は、減税措置が終わる前に決断しましょう。

解体工事と建築工事をまとめて依頼する

4つ目のポイントは、「解体工事と建築工事をまとめて依頼する」ことです。

家の建て替えは、解体と建築工事をバラバラに依頼できますが、機材や資材などで費用が高くなります。

同じハウスメーカーであれば、資材や機材の流用ができて用意が楽です。そのため、まとめプランや割引でお得になるケースもあります。

また、解体と建築の引き継ぎ時のトラブルがないので、作業もスムーズです。

建て替え費用を抑えたい人や早く家を建て替えたい人は、解体と建築を同時にできるハウスメーカーを選びましょう。

お金がない場合は住宅ローンという方法も

家の建て替えをしたいけど、まとまったお金を用意するのが難しい人もいるのではないでしょうか。

満足いく建て替えをするには予算を上げる必要もあります。

そこで、お金が用意できない人におすすめなのが住宅ローンの利用です。

住宅ローンとは、銀行や信用金庫から家の建て替え費用を借り入れることです。

住宅ローンを利用することで、一括で支払うのではなく、月々の少額の返済で家の建て替えができます。

住宅ローンは長期的な返済になるので、計画的な返済プランと借入れ金額を考える必要があります。

また、住宅ローンを借入れするためにも、条件を満たして審査に通過しなければなりません。

4つの事例で建て替え費用をシミュレーション!

実際に家の建て替えは、どのくらいの費用が発生するのか気になる人もいるのではないでしょうか。

ここでは、4つの事例で建て替え費用のシミュレーションを紹介します。

  • 2階建て30坪戸建て|同じ大きさの家に建て替える場合
  • 2階建て40坪戸建て|広い家に建て替える場合
  • 平屋30坪戸建て|同じ大きさの家に建て替える場合
  • 二世帯住宅50坪|同じ大きさの家に建て替える場合

上記4つのシミュレーションについて、詳しく解説していきます。ぜひご自身が家を建て替える際の参考にしてください。

2階建て30坪戸建て|同じ大きさの家に建て替える場合

2階建て30坪戸建てで同じ大きさの家に建て替える場合の費用相場は以下の表の通りです。

費用の内訳 費用相場
解体費用 900,000円〜1,500,000円程度
建築費用 18,000,000円程度
登録免許税 30,000円程度
不動産取得税 180,000円程度
火災保険・地震保険料 200,000円程度
仮住まいの費用 1,000,000円程度
引っ越し費用 500,000万円程度
合計 20,810,000円〜21,410,000円程度

2階建て40坪戸建て|広い家に建て替える場合

2階建て40坪戸建てで広い家に建て替える場合の費用相場は以下の表の通りです。

費用の内訳 費用相場
解体費用 900,000円〜1,500,000円(2階建て30坪)
建築費用 24,000,000円程度
登録免許税 40,000円程度
不動産取得税 360,000円程度
火災保険・地震保険料 200,000円程度
仮住まいの費用 1,000,000円程度
引っ越し費用 500,000円程度
合計 27,000,000円〜27,600,000円程度

平屋30坪戸建て|同じ大きさの家に建て替える場合

平家の建築は、構造や建築技術の影響で2階建よりも約1.2倍の建築費用が発生する傾向があります。

また、建築費用が1.2倍増えることで、登録免許税と不動産取得税が高くなります。

平家30坪戸建てで同じ大きさの家に建て替える場合の費用相場は以下の表の通りです。

費用の内訳 費用相場
解体費用 900,000円〜1,500,000円程度
建築費用 21,600,000円程度
登録免許税 86,400円程度
不動産取得税 300,000円程度
火災保険・地震保険料 200,000円程度
仮住まいの費用 1,000,000円程度
引っ越し費用 500,000円程度
合計 24,586,400円〜25,186,400円

二世帯住宅50坪|同じ大きさの家に建て替える場合

二世帯住宅は完全住宅分離型に当てはまるので、設備や資材の関係で通常の1.5倍の費用がかかります。

二世帯住宅50坪で同じ大きさの家に建て替える場合の費用相場は以下の表の通りです。

費用の内訳 費用相場
解体費用 900,000円〜1,500,000円程度
建築費用 45,000,000円程度
登録免許税 70,000円程度
不動産取得税 1,000,000円程度
火災保険・地震保険料 200,000円程度
仮住まいの費用 1,000,000円程度
引っ越し費用 500,000円程度
合計 48,670,000円〜49,270,000円程度

建て替えできない場合もある?まずは確認してみよう

家の建て替えは、状況や条件によって建て替えができない場合があります。

家の建て替えができないのに建て替え前提で土地・家屋を購入する人や、家の建て替えができないのに準備を進める人がいるので注意しましょう。

建て替えができないケースは以下の通りです。

  • 再建築不可物件
  • 既存不適格建築物

この2つの立て替えられない場合について、詳しく解説していきます。

家の建て替えを依頼する前にご自身の建物が当てはまらないか確認しましょう。

再建築不可物件

再建築不可物件とは、「都市計画区域」と「準都市計画区域」で定められており、新たな家の建て替えができない物件のことです。

購入した土地に新築を考えている人や、古い家の建て替えを検討している人は、再建築不可物件に当てはまると家の建て替えができません。

具体的に以下が再建築不可物件の条件です。

  • 道路に接していない建物
  • 道路に接している道の幅が2m未満の建物
  • 建築基準法によって定められていない道路に接している建物

公園や遊歩道、水路など一定の条件が満たされていれば、再建築ができるケースがあります。

ただ、再建築不可物件の場所の多くは、機材や資材の運搬が難しいので、建築・解体工事のときの費用が高くなります。

既存不適格建築物

既存不適格建築物とは、建築基準法が改正される前に建てられた建物で、建築基準法に適さない建物のことです。

たとえば、建物の高さや構造が法令に準拠していない場合、既存不適格建築物に該当します。

既存不適格建築物の場合、建て替えはできませんが、違法性を是正するための修繕工事は可能です。

その場合、建築基準法に基づいて修繕する必要があります。

ただ、増築や大規模な修繕は、法と政令による一定条件を満たさなければ施工ができないので注意が必要です。

リフォームや売却という選択もある?建て替えのメリット・デメリットとは

実は建て替えの選択肢だけでなく、リフォームや売却などの手段もあります。

そこでここでは、家を建て替えるメリットとデメリットを紹介します。

  • 建て替えメリットは自由度が高い
  • 建て替えデメリットは費用が高くなる

上記2つのメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

家を建て替える際に、メリット・デメリットについて知らないと、費用や完成後のギャップで後悔してしまいます。

そのため、後悔しないように家を建て替える際の参考にしてください。

建て替えのメリットは自由度が高い!

家を建て替えるメリットは、「こだわりの間取り・設計が実現できる」と「耐震化、省エネルギー化も可能」なことです。

家を新しく建て替えるので、ご自身が求める間取りを設計できます。

また、地震による被害を抑えるための耐震化や、日常のエネルギー量を減らすための省エネルギー化も取り入れられます。

「こだわりの間取り・設計が実現できる」と「耐震化、省エネルギー化も可能」のメリットを参考に、ご自身が満足いく家の建て替えを行いましょう。

こだわりの間取り・設計が実現できる


建て替えることで、ご自身が求める間取りや設計が実現できます。

増築やリフォームとなると、家の構造的に好みの間取りや設計ができません。

たとえば、2階建ての家を平家にして間取りも変えたい場合、家の柱や壁、屋根を作り替える必要があるので、ちょっとした工事では困難です。

また、古い家屋には広い廊下や無駄なスペースが多いことがありますが、建て替えることでスペースを有効活用できます。

過ごしやすい環境を整えたい人や、ご自身が求める部屋数や収納スペースなどにこだわりを持って設計したい人には、建て替えがおすすめです。

耐震化、省エネルギー化も可能

家は、時間が経つことで老朽化などの影響で耐震性や日常のエネルギー消費量が増えます。

たとえば、老朽化の場合、家の強度が弱くなるので地震や自然災害の際に被害がでてしまいます。

また、老朽化による隙間風の影響でエネルギーの消費量が高いです。

そのため、老朽化を改善するためにも家を建て替えることで、耐震性が上がり、省エネルギー化の促進にもなります。

年間の光熱費を抑えたい人や耐震性を高めた家にしたい人は、条件にぴったりな建物へ建て替えをしましょう。

建て替えのデメリットは費用が高くなる

これまで、建て替えに関するメリットや特徴について紹介しました。

しかし、家を建て替えるにあたって、いくつかデメリットが存在します。

家の建て替えをする最大のデメリットは、費用が高くなることです。まとまった費用が必要になるので、資金繰りが必要です。

他にも建て替えのデメリットとして、「リフォームより費用が高くなる場合が多い」と「家を空ける必要がある」が挙げられます。

家の建て替えは、メリットだけで判断してしまうと後悔しかねないため、デメリットについても把握しましょう。

リフォームより費用が高くなる場合が多い

家の建て替えは、リフォームでかかる費用よりも高くなる傾向があります。

リフォームと家の建て替えの違いは、工事の規模感です。

リフォームは、既存の建物をベースに外装や内装を変化させます。

一方で、家の建て替えは、既存の建物を取り壊して新しい建物を建築します。

そのため、家の建て替えは解体費用や建築費用などが発生し、リフォームよりも高いです。

リフォームは一部分を変化させるだけなので、資材や使う機材の費用を抑えられます。

「間取りや設計を変えたい」ではなく、「内装や外装の雰囲気を変えたい」程度の要望であれば、リフォームがおすすめです。

家を空ける必要がある

家の建て替えは、工事期間中に家を空けなければなりません。

家の建て替え期間は坪数や家の構造によって異なりますが、家を解体から建築をするまで平均3か月程度です。

また、工事期間中に家を空けるので、仮住まいを用意する必要があります。

そのため、引っ越し費用や仮住まいで発生する費用などがかかります。

家の建て替えでは工事関連の費用だけでなく、工事期間中に住む家の費用も用意が必要になるので、どのくらいの費用が発生するのか事前に確認しましょう。

まとめ

今回は、家の建て替えにかかる費用の総額や費用の内訳、建て替えを安く抑えるポイントについて紹介しました。

結論からいうと、家の建て替えは坪数と家の構造によって発生する費用が大幅に変動します。

家の建て替え費用を安く抑えたい人は、以下のポイントを抑えましょう。

  • 複数のハウスメーカーで見積もりを比較する
  • 建て替え時期によって価格が変動する
  • 給付金や補助金、減税措置を利用する
  • 解体工事と建築工事をまとめて依頼する

上記4つのポイントを意識し、ご自身の建て替えに必要な費用を把握できれば、満足のいく家の建て替えができます。

他にもこの記事では、建て替え費用の事例や建て替えができない条件、建て替えのメリット・デメリットについて詳しく解説しているので、ぜひ家を建て替える前に参考にしてください。

家づくりのプラン作成を検討している方には「HOME4U 家づくりのとびら」がおすすめです!

  • ネットで簡単3分入力で依頼可能
  • 株式会社NTTデータの100%子会社が運営する安心感・信用度
  • コーディネーターが、状況や要望に応じてサポート!

HOME4U 家づくりのとびら」は、あなただけの家づくりオリジナルプランを“無料”で、まとめて依頼できるサービスです。

間取り・資金計画・土地探しなど、あなたのお悩みを整理できるので、理想の注文住宅のプランが見つかる!

\\妥協しない暮らしを叶える第一歩を//

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/