注文住宅の流れや期間は?建築コスト・施工時の注意点についても解説

promotion

注文住宅といえば、自分たちのライフスタイルに合わせた理想の家を設計し、ハウスメーカーと協力して建築していくイメージまでは湧くはずです。

しかし、具体的な流れや手続きは分からず、どのようなポイントに注意が必要か知らない方の方が多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、注文住宅を建てるための手順やポイント、注文住宅を建てるまでの期間や費用を初心者にも分かりやすく解説していきます。

注文住宅を建てる際の不安を解消し、理想の住まいづくりを実現しましょう。

そして、家づくりのプラン作成を検討している方には「HOME4U 家づくりのとびら」がおすすめです!

  • ネットで簡単3分入力で依頼可能
  • 株式会社NTTデータの100%子会社が運営する安心感・信用度
  • コーディネーターが、状況や要望に応じてサポート!

HOME4U 家づくりのとびら」は、あなただけの家づくりオリジナルプランを“無料”で、まとめて依頼できるサービスです。

間取り・資金計画・土地探しなど、あなたのお悩みを整理できるので、理想の注文住宅のプランが見つかる!

\\妥協しない暮らしを叶える第一歩を//

もくじ

注文住宅の流れとは?8つのステップで詳細を解説

注文住宅とは、自分たちの希望やライフスタイルに合わせた家を建てるサービスですが、理想の住宅を建てるには、詳しい流れを知らなければなりません。

注文住宅を建てるステップは以下の通りです。

  • 注文住宅のプランニング
  • 注文住宅の土地選び・購入手順
  • 工務店かハウスメーカーを選ぶ
  • 工事請負契約と見積もりの作成
  • 住宅ローンの種類と申請手続き
  • 建築確認申請と失敗例
  • 建築のステップとスケジュール
  • 引き渡しと契約後の流れ

各ステップでの注意点やポイントを押さえて、スムーズな住まいづくりを目指しましょう。

注文住宅の流れ①注文住宅のプランニング

注文住宅を建てるにあたり、プランニングは非常に重要です。

プランニングの過程で、家族構成やライフスタイル、予算、デザインなどを考慮し、自分たちにぴったりな住まいを設計できます。

注文住宅のプランニングには、以下のような流れがあります。

  • 情報収集
  • 予算
  • 間取り 
  • 外観
  • 内装

それぞれ詳しく見ていきましょう。

プランニングに必要な情報収集の方法

注文住宅では、自分たちの希望やライフスタイルに合わせた住まいを設計することが大切です。そのために、以下の方法を用いてプランニングに必要な情報を収集しましょう。

  • インターネットでの情報収集
  • 見学会や展示場への訪問
  • 友人・知人からの情報収集

ホームページのチェックや専門家に相談するなどして情報を集め、自分たちにぴったりの理想の住まいを実現してください。

プランニングにおける予算の見積もり方法

注文住宅のプランニングにおいて、予算の見積もりは非常に重要なポイントとなります。予算が守られないと、計画していた設備などを見直すこととなり、理想の住宅がさらに遠のくからです。

そこで、予算を見積もる際は工務店やハウスメーカーへ相談しましょう。

工務店・ハウスメーカーは建物を設計・施工する専門家であり、予算を把握した上で最適な提案をしてくれます。その際、コスト削減のための提案やアドバイスを受け入れることで、予算を抑えることが可能です。

また、建築材料や内装・外装に関してもコストに注意が必要であり、高級な建築材料を使用し過ぎると、すぐ予算がオーバーしてしまうでしょう。

その他にも、建物の広さや形状・施工期間・プラン内容といった予算に影響を与える要素がいくつか存在するため、専門家のアドバイスを上手く取り入れ、予算内で理想の住宅を実現してください。

プランニングにおける間取りの決め方とポイント

プランニングの際、どのような家を建てたいかを考えながら、日常生活や生活導線を意識して決めることが大切になります。

まずおすすめしたいのが、キッチンからリビングルームを見渡せるようにするなど、光の入れ方にこだわることです。

また、レイアウトも大変重要であり、家族が集まるリビングルームを中心に配置すれば、家族間のコミュニケーションが活発になるかもしれません。

さらに、収納スペースも考慮することで、家具の配置を工夫することができ、部屋がスッキリとした印象になります。

注文住宅の流れ②注文住宅の土地選び・購入手順

注文住宅を建築するにあたり、土地選びも非常に重要です。家族で移り住む場合は、全員が長期間にわたって過ごすことも考慮しなければなりません。

そこで、以下の流れを確認していきましょう。

  • 注文住宅建築に適した土地の条件と選び方
  • 土地の購入手順
  • 土地の取得に必要な手続きと注意点

注文住宅建築に適した土地の条件と選び方

まずは、注文住宅建築に適した土地の条件から解説します。

  • 交通アクセス:駅やバス停などの公共交通機関の利用がしやすく、車が必要にならない場所が好ましい
  • 日当たりの良さ:周辺の建物や木々によって、日当たりが悪くなる場合があるため、日当たりのチェックが必要
  • 地盤沈下:地盤沈下の可能性がある土地は避けることが望ましい

以上のような条件を考慮しながら、注文住宅建築に適した土地を選ぶことが大切です。不動産の専門家に相談し、適切な土地を選びましょう。

土地の購入手順

土地を購入するには、いくつかの手順が必要です。以下の土地購入手順を参考に、スムーズに進めていきましょう。

  1. 住宅ローンの事前審査を受け、予算内で購入可能な範囲を把握する
  2. 不動産会社や住宅展示場などで土地情報を収集し、候補地を絞り込む
  3. 見学や下見を行い、実際に土地の状況を確認する
  4. 希望する土地が決まったら、契約書にサインをして手付金を支払う
  5. 土地売買契約が成立したら、残りの購入代金を支払い、登記手続きを行う

都内と郊外の土地相場は市場の状況によって異なりますが、一般的にアクセスが便利な都内の方が高額な傾向です。

ただし、職場の立地や生活環境に不自由がないのなら、郊外の土地を安く仕入れるのもおすすめなので、自身のライフスタイルに合わせて検討してみてください。

土地の取得に必要な手続きと注意点

土地を取得するには、以下の手続きが必要です。

  1. 土地の情報収集:不動産会社やインターネットなどを利用して、自分の希望に合う土地を探す
  2. 土地の見学:実際に見学し、土地の状態や周辺環境を確認
  3. 価格交渉:土地が見つかった場合は、価格交渉を行い、自分の予算内で購入できるよう柔軟に交渉
  4. 土地売買契約:価格が決まったら契約書を作成し取り交わし、手付金を支払う
  5. 土地の登記手続き:残りの代金を支払うと土地売買契約が成立し、その後土地の登記手続きをする

また、以下の点にも注意が必要です。

  • 土地売買契約書や登記簿謄本を確認し、所有者や抵当権などの状況を確認する
  • 土地購入にあたって、不動産所得税や登録免許税などの税金が発生することもあるため、事前に確認する
  • 土地購入後、建築する前には土地の造成や測量、地盤沈下などの準備工事が必要になる場合があるので、それらの費用も考慮する

注文住宅の流れ③工務店かハウスメーカーを選ぶ

理想の注文住宅を建てるには、良質な工務店やハウスメーカーを選ぶことも重要です。

参考までに、工務店は小規模な地元密着型の建築会社であり、ハウスメーカーは大手メーカー企業という違いがあります。次章で選ぶ際のポイントや比較方法を理解し、見積書の内容もしっかり確認していきましょう。

工務店とハウスメーカーの選び方と比較方法

注文住宅を建てる際は、工務店とハウスメーカーのどちらかを選ぶ必要があります。この選択には、対応の良さや施工期間、アフターサポート力などが判断基準となるでしょう。

選ぶ上で確認するポイントとしては、施工実績、提供するサービスの内容・価格・信頼性などであり、見積書の内容も比較することが大切です。

工務店とハウスメーカーの見積書の内容

注文住宅建築の見積書には、建築費用やサービス内容、規約が記載されています。建築費用は仕様やオプション、土地状況によって変動し、サービス内容には建築前の打ち合わせやアフターサポートなどが含まれるため、事前にチェックしておきましょう。

また、規約には支払い条件や契約解除についての説明が記載されているので、よく内容を確認し、不明点はすぐ問合せてください。

注文住宅の流れ④工事請負契約と見積もりの作成

工事請負契約書と見積書は、注文住宅建築において欠かせない重要な書類です。ここでは、以下の点について確認していきましょう。

  • 工事請負契約書の内容と重要ポイント
  • 見積書の内容と必要項目
  • 見積書の比較と検討ポイント

工事請負契約書の内容と重要ポイント

工事請負契約書は、工事内容や期間、価格、保証内容、違約時の罰則などの契約の内容が明確に記載された書類です。

特に、工事内容や価格に関する項目は、細かく明確に記載されているのが望ましく、工事の保証も期間や内容がきちんと記されていることを確認しましょう。

契約書をよく読み、不明な点は必ず確認するのが大切ですが、もし不安なら専門家の助言を受けるのもおすすめです。

見積書の内容と必要項目

見積書には、建築費用の内訳が明確に記載されています。具体的な内容は以下の通りです。

  • 工事内容(基礎工事、構造体、外壁、屋根、内装、設備など)
  • 建物の床面積や階数などの規模
  • 材料費(使用する材料の種類や数量など)
  • 人件費(作業員の人数や工事期間)

見積書を見る際に、上記の項目がきちんと含まれているかどうかを確認し、もし無ければすぐ問い合わせましょう。

また、建築費用以外にも支払い条件や契約解除に関する規約、工事期間、完了保証期間、アフターサポートなどのサービス内容などもチェックしておいてください。

見積書の比較と検討ポイント

建築にかかる費用は規模、材料費、人件費などによって異なります。1つの見積書だけでは相場を知ることができず、予算オーバーになることもあるでしょう。

その際、複数の工務店やハウスメーカーから見積書を取得し、内容を比較することが重であり、工事内容や規模などを比較すれば、自分に合ったところが選べるはずです。

工事で使用する材料によっても差が生じるため、複数の工務店から見積書を取得し、比較しましょう。

注文住宅の流れ⑤住宅ローンの種類と申請手続き

住宅ローンは、住宅購入に必要な費用を賄うための重要な手段です。住宅ローンには、フラット35や変動金利型、固定金利型などの種類があります。

自分に合った住宅ローンを選ぶためには、金利の変動や返済方法など、選定ポイントを確認することが大切です。

以下の項目で住宅ローンの種類と申請の手続きについて確認していきましょう。

  • 住宅ローンの種類と選定ポイント
  • 住宅ローンの申請手続きと必要書類

住宅ローンの種類と選定ポイント

住宅ローンには以下の種類があります。

  • 固定金利
  • 変動金利
  • 定期
  • 積立ローン

固定金利は利率が変動せず、変動金利は市場金利に連動して利率が変動し、定期、積立型ローンは将来の返済予定や金利見込みを考慮して金利が設定されます。

そして、住宅ローンの選定においては、返済計画や将来予定、返済額、返済期間、金利の変動リスクなどを考慮しましょう。

また、住宅ローンの申請には年収や入可能額・頭金の有無・返済計画や資産状況なども審査されます。頭金が多いほど借入額が減り、返済額も軽減されるため、自己資金とのバランスをみながら検討してください。

住宅ローンの申請手続きと必要書類

ローンの選択を行った後に住宅ローンの審査を受ける流れになります。審査に通れば無事契約手続きに進み融資が受けられるため、以下の書類を不備なく集めましょう。

  • 収入証明書
  • 勤務先の在籍証明
  • 所得税の確定申告書
  • 住民票
  • 印鑑証明書

加えて、ローン手続きは数週間~1ヵ月程度の時間を要することがあります。あまりギリギリにならぬよう、余裕を持って手続きを進めることが大切です。

注文住宅の流れ⑥ 建築確認申請と失敗例

建築確認申請については、手続き建築確認申請の手続きや必要書類を把握することも重要です。しかし、「手続きや必要書類がわからない」といった悩みを抱える初心者さんも少なくありません。

そこで、ここでは以下の点について説明していきたいと思います。

  • 建築確認申請でよくある失敗例と原因
  • 設計事務所の選び方と比較方法
  • 設計事務所でよくある問題と解決方法

建築確認申請の準備をしっかり行い、スムーズに手続きを進めていきましょう。

建築確認申請の手続きと必要書類

建築確認申請は、建築基準法に基づく計画書の提出や設計者・施工者の届出が必要です。建築基準法に基づく計画書には具体的には以下のものが挙げられます。

【建築基準法に基づく計画書】

  • 建築確認申請書や建築物の概要図
  • 構造計算書
  • 建築物の断面図
  • 現地図
  • 地盤調査報告書
  • 環境アセスメント

また、設計者・施工者の届出も必要です。設計者は、建築士か工事管理技術者、施工者は建築主任技術者か建築施工管理技士の資格が必要になります。

建築確認申請にかかる期間は市区町村によって異なりますが、基本的には1~3ヶ月程度でしょう。

建築確認申請でよくある失敗例と原因

建築確認申請でよくある失敗例としては、下記2点が多く挙げられます。

  • 準備不足による不備
    具体的には必要書類の不備や漏れです。書類に不足があった場合、手続きが滞り、申請が却下されることがあります。
  • 建築基準法の規約に違反するような設計や施工が行われた場合
    建築基準法は建物の安全性や耐久性、環境への配慮などを定めた法律です。これに違反する設計や施工は建築確認申請の却下や、建物の改修・撤去などのリスクを引き起こす可能性があります。

上記の失敗例を避けるためには事前に十分な準備が必要です。必要書類や設計、施工について正確な情報を把握し、専門家と協力していきましょう。

設計事務所の選び方と比較方法

設計事務所の選び方には以下のポイントがあります。

  • リストアップ
    設計事務所をリストアップする際、周囲の意見を聞くことやインターネットで検索しましょう。実際に住宅建築をした人の口コミや評価も参考になります。
  • 実績の確認
    リストアップした設計事務所の実績を確認することが大切です。過去にどのような建物を手掛けてきたのか、どのくらい実績があるのかを調べましょう。
  • 実際に話してみる
    自分の理想や希望を伝え、それに対して設計事務所がどのような対応をするかを確認することができます。相性も重要になるため、コミュニケーションが取りやすい設計事務所を選ぶことが重要です。

これらのポイントを押さえて、自分に合った設計事務所を選びましょう。

設計事務所でよくある問題と解決方法

注文住宅の建築にあたって、設計事務所を選ぶことは非常に重要です。しかし、設計事務所との契約を行っても予算超過や施工不良、スケジュールの遅れといった問題が生じることもあります。

予算超過については、設計事務所に事前予算の上限を明示することが重要です。また、施工不良やスケジュールの遅れについては、事前に設計事務所と明確な納期や品質に関する条件について話し合いが必要になります。

以上のように、設計事務所との契約においては、細かい条件や規約をしっかりと明確化することが大切です。工事現場の監理や進捗状況の確認を怠らず、問題が発生した場合は早期に対処しましょう。

注文住宅の流れ⑦建築のステップとスケジュール

初めての注文住宅の建築では、「どのような流れで建築が進んでいくのか」「どのように計画を立てたら良いか」が分からない方がほとんどです。
そこでここでは、注文住宅建築の具体的な流れを解説していきます。

  • 建築のステップ
  • 建築スケジュールの作成方法と注意点
  • 建築中のトラブル対応と解決方法

より明確なイメージを持つためにも、ぜひ参考にしてください。

建築のステップ

注文住宅の建築は、以下のステップで進められます。

  1. 事前調査と計画
    事前調査や計画を怠ってしまうと、後々のトラブルに繋がることもあります。建築前にしっかりと準備しておくことが大切です。
  2. 建築確認申請
    建築確認申請には、スムーズに手続きを進めるために必要な書類の準備が大切です。
  3. 土地の準備
    土地の準備については建築物の設置に適しているかを確認し、必要な場合は地盤調査を行います。
  4. 外装と内装の工事
    外装と内装の工事においては、建築主と工務店のコミュニケーションが重要。
  5. 引き渡しと入居
    引き渡しと入居では、最終確認を行ってから建物を引き渡し、住宅に入居します。引き渡し前に建物の完了検査を行い、建物が正常に機能しているかを確認しましょう。

建築のスケジュールの作成方法と注意点

建築スケジュールは、建築主と工務店・ハウスメーカーのやりとりによって作成されます。建築主は、完成時期や予算などの希望を伝え、工務店やハウスメーカーはそれに応じた工程表を作成するのが一般的です。

建築中のトラブル対応と解決方法

どれだけ段取りしても、スケジュールの遅れや予算超過などのトラブルが生じる可能性はゼロにはなりません。そのため、常に適切な対処法を想定しておいた方が良いでしょう。

もし、スケジュールが遅れても、工程表や進捗管理を行えば素早く対応できます。契約内容についてもハウスメーカー・工務店と入念に話し合うことでクリアになるので、先回りするイメージで動いてみてください。

注文住宅の流れ⑧引き渡しと契約後の流れ

注文住宅の建築が終了したら、引き渡しと入居のタイミングに入ります。ここでは以下のポイントを押さえておくことが重要です。

  • 引き渡しと入居に関する手続きの進め方
  • 引き渡し前に確認しておくべきこと
  • 入居後の生活に必要なこと

後悔することがないように、引き渡し当日と契約後の流れを把握しましょう。

引き渡しと入居に関する手続きの進め方

引き渡しと入居の流れには、以下のような手続きが必要となります。

  1. 建物の引き渡し
    建物の完成後、施主と建築会社が共同で引き渡しを行います。確認を行った後に引渡書を作成し、署名・押印をします。その後、建築会社からの請求書を支払い、建物の所有権を移転します。
  2. 入居準備
    引き渡し後、内装の仕上げや家具・家電の設置などの入居に必要な準備を行います。
  3. 入居
    内装の仕上げや家具・家電の設置が完了したら、入居が可能になります。

建物や設備の取り扱い方法を確認し、快適な生活をスタートさせましょう。

引き渡し前に確認しておくべきこと

注文住宅の引き渡し前には、以下のような確認事項があります。

  • 建物の内外観、間取りが契約通りであるか
  • 設備機器や建材などに問題がないか
  • 建物全体の構造について
  • 引き渡し前に不動産や工務店との打ち合わせを行い、引き渡し日や支払い方法について合わせる

引き渡し前の確認により、後々のトラブルを防ぐことができるため、早めに対応しましょう。

入居後の生活に必要なこと

注文住宅に入居した後は、まずライフラインを確保しなければなりません。電気、ガス、水道などの利用を開始する前に各社に申し込みを行い、開通契約などを完了させてください。

また、電気会社や水道会社の選定は、地域の情報誌や口コミ、インターネットなどを活用するのがおすすめです。料金やサービス内容などを比較し、自分に合った会社を選びましょう。

注文住宅の流れの施工期間は?土地あり・土地なしで変わる?

注文住宅の施工期間は土地があるかないかで変わります。建物の規模や仕様、工務店・ハウスメーカーの手法によっても変わるため、以下3パターンに分けて大まかな施工期間を押させておきましょう。

  • 土地ありの施工期間
  • 土地なしの施工期間
  • 契約から引き渡しまでの期間

土地ありの施工期間

土地をすでに持っている場合は、着工から完成までの期間が短くなります。また、土地を既に所有している場合は建築に必要な費用も抑えられる傾向です。

しかし、土地を持っている場合でも、建築に必要な手続きや設計に時間を要することがあります。そのため、計画的な進め方が必要です。

土地なしの施工期間

土地を持っていない場合は、土地探しから始めなければなりません。そうすると、土地の取得から建築までの期間が長くなるため、建築スケジュールに余裕を持たせることが重要です。

ゆっくり進めれば、土地の探し方や予算の立て方、立地条件などを吟味できるので、満足度の高い住まいが実現するでしょう。

契約から引き渡しまでの期間

注文住宅を建てる契約を結んでから実際に住めるようになるまで、一定の期間がかかります。

この期間は契約時に定められる建築スケジュールによって異なりますが、通常は1年以上かかることが多いです。

そして、契約から引き渡しまでの期間は、以下の手続きによって決まります。

  • 建物の設計や建築確認申請
  • 建設工事
  • 内装や外装工事
  • 検査
  • 引き渡し手続き

建築スケジュールにはこれらの工程の期間が細かく記載されており、工期を遅らせないように注意しなければなりません。契約前に、建物の完成期間について納得いくまで相談しましょう。

注文住宅を建てるときにかかる費用

ここからは、注文住宅を建てるときに必要な費用も解説します。

  • 注文住宅本体にかかる費用
  • 建物以外にかかる工事費用

実際にハウスメーカーへ依頼する際に、大まかな予算がすぐ想定できるよう、ぜひ参考にしてください。

注文住宅本体にかかる費用

本体工事費は、建物の基礎や骨組み、屋根床などの工事費用を指します。

建物の構造や面積といったさまざまな要因によって変動するため、小まめに見積もりを取って最適な価格帯に収めましょう。

建物以外にかかる工事費用

建物以外にかかる工事費用としては、外壁や駐車場を造るために必要な工事、地盤調査などが挙げられます。また、外壁工事の壁材や塗装なども含まれ、アプローチや敷地内のアスファルトといった舗装も工事費用の一種です。

加えて、地盤の調査結果に応じて改良工事が必要となりますが、基本的には本体工事費用よりずっと少額に収まるでしょう。

注文住宅の流れに関するよくある質問

注文住宅の流れについて、よくある質問は以下のようなものがあります。

  • 注文住宅の流れの注意点は?
  • 注文住宅の打ち合わせの注意点は?
  • 注文住宅のお金の流れは?

下記にて詳しく確認していきましょう。

注文住宅の流れの注意点は?

注文住宅を建てる際は、様々な注意点があります。

まず、建築家や工務店のスタッフと信頼関係を築くことが大切です。建物のプランや仕様に関しては細かく打ち合わせを行い、必ず納得のいく形にしておくことが望ましいでしょう。

また、契約書をきちんと読み、確認することも重要です。施工中にトラブルが発生した場合に備えて、保険に入ることも検討してください。

注文住宅の打ち合わせの注意点は?

注文住宅の建築において、打ち合わせは非常に重要です。この段階での不備や不明確な点が後々に問題を引き起こすことになるため、十分注意していきましょう。

先ほど触れた通り、建築会社との信頼関係を築くことが大切であり、建築現場の実状を把握するために見学するのもおすすめです。

注文住宅のお金の流れは?

建築主は建築会社やハウスメーカーと契約を交わし、建物本体の工事費用を支払います。その後、工事の進行状況に合わせて、その他の工事費用や諸費用が発生します。

工事費用や諸費用については、以下のような項目が挙げられます。

  • 地盤調査や解体費用
  • 外構工事費用
  • 家具や家電などの購入費用

注文住宅のお金の流れは、契約書に詳細が記載されているので、契約前によく確認しましょう。

まとめ

注文住宅は自分の理想の家を建てられるため、こだわりたい方には特におすすめです。

そして、注文住宅を建てる流れや施工期間、契約条件などの事前知識を押さえておくことで、より高品質な注文住宅づくりができるようになるでしょう。

じっくりハウスメーカー・工務店を比較検討し、自分にとって最適な一社を決めてみてください。

そして、家づくりのプラン作成を検討している方には「HOME4U 家づくりのとびら」がおすすめです!

  • ネットで簡単3分入力で依頼可能
  • 株式会社NTTデータの100%子会社が運営する安心感・信用度
  • コーディネーターが、状況や要望に応じてサポート!

HOME4U 家づくりのとびら」は、あなただけの家づくりオリジナルプランを“無料”で、まとめて依頼できるサービスです。

間取り・資金計画・土地探しなど、あなたのお悩みを整理できるので、理想の注文住宅のプランが見つかる!

\\妥協しない暮らしを叶える第一歩を//



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/