センチュリーホームは苦情が多い?なぜ安い?良い評判やデメリット・口コミと坪単価

promotion

ハウスメーカーはたくさんあり、どこにしようか悩むあなた。

正しい情報を1つづつ確認していけば必ず自分にふさわしい1社に出会えます。

今回ご紹介するのはローコストハウスメーカーで人気のセンチュリーホームのご紹介です。

注文住宅に特化した、木造注文住宅一筋で業績をのばしてきた「センチュリーホーム」。

このセンチュリーホームで建てられる家はどんな家なのか?特徴5つをご紹介します。

センチュリーホームで家を建てた人の正直な口コミやアドバイスを見て参考にしてみてくださいね。

また、注文住宅を建てる時に注意すべきポイント2選と坪単価を大公開します。

センチュリーホームの商品ラインナップを確認して自分の住みたい家を探してみましょう。

センチュリーホームで注文住宅を建てる際の流れ、住宅展示場情報も事前にチェックしてみましょう。

「理想の家づくりの夢」を実現するために、モデルハウスで自分の目で確かめたり、知識をつけたり住みやすい家づくりに一歩近づきましょう。

※尚、本記事で扱う会社は茨城県を本社とするセンチュリーホームとなっています。似た名称のハウスメーカーにセンチュリーハウスや、和歌山県にも同名のセンチュリーホームがありますが、異なる会社なので注意してください。

また本文に入る前に、家づくりにおいて1番重要なことをお伝えします。

家を建てるときには、まず出来るだけ多くの住宅メーカーのカタログや資料を取り寄せて下さい。

これから先、何年、何十年と大切な家族と住むことになるマイホーム。
絶対に失敗をするわけにはいきません。

実際に、住宅展示場やイベントで見つけた5,6社程度の検討で住宅メーカーを決めてしまい、後から取り返しのつかない後悔をする方は少なくありません。



マイホームは多くの人にとって、人生で1回だけの最も大きな買い物の一つ。

極端な話、マイホームを建てようと思っているエリアに対応している住宅メーカーは全て候補にいれ比較検討するくらいの勢いで構いません。

しかし、1社1社話に資料請求をしたり話を聞いて回るのは現実的ではありませんよね。

そこでおすすめなのが、「SUUMOの無料カタログ一括取り寄せ」(工務店中心)と「NTTデータグループ家づくりのとびら」(ハウスメーカー中心)。

スマホから住んでるエリアと条件を選ぶだけで条件に合った住宅メーカーから、無料でかんたんに資料を手に入れることができます。

2社とも日本を代表する上場企業ということもあり、登録している住宅メーカーを激選しているのも大きなポイント。

住宅メーカーの中には悪質な会社も多く存在しますが、厳しい審査をクリアした会社のみ掲載が許されているので悪質業者の被害にあうリスクや強引な営業も避けられるのは大きなメリットでしょう。

SUUMOは工務店を中心に、NTTデータグループはハウスメーカーを中心に取り扱っています。

最初は候補にもあがっていなかった住宅メーカーが実は1番自分たち家族にはあっていたというケースは多いです。

「自分たちの予算ではハウスメーカーは無理だから・・・。」
「有名ハウスメーカー以外は考えられない!」etc...

このように先入観を持つのではなく、可能な限り多くの住宅メーカーを検討対象にすることで失敗しない家づくりの確率は高められます。

後から取り返しのつかない後悔をしないよう、面倒くさがらず今すぐ住宅メーカーの資料を取り寄せてしまうことをおすすめします。


SUUMOで無料カタログ取り寄せはこちら⇒(工務店中心)


家づくりのとびらで無料カタログ取り寄せ⇒(ハウスメーカー中心)

それでは解説をしていきます。参考にして下さい。

センチュリーホームで建てられる家はどんな家?特徴5つを紹介

センチュリーホームで建てられる家は新築・注文住宅か中古・リフォームの2タイプです。
(増築・改築含む)

増築工事とは現状の建物のまま床面積を増やす建築工事のことで、平屋を2階建てにしたり、敷地内に新しい建物を作る方法です。

建て替えよりもコストが少なく済みます。

改築工事とは床面積を変えずに間取りの変更を行う工事のことです。

特徴は次の5つです。

  1. コストパフォーマンスが高い
  2. 耐震強化へのこだわり
  3. 断熱性・気密性が高い
  4. 間取りのバリエーションが豊か
  5. 無借金経営で安心

1.コストパフォーマンスが高い

センチュリーホームでは、広告経費や人件費の見直し、簡素な現実的なモデルハウスを建築してコスト削減に取り組んでいます。

また、部材などは自社工場で計画的に生産することでハイクオリティでローコスト住宅を提供しています。

2.耐震強化へのこだわり

地震大国で頻繁に地震が起こっています。

センチュリーホームの家の耐震等級は、最高等級の3です。

これは、大地震に対して、「耐えうる家」が耐震等級1で、その1.5倍の強度があるのが耐震等級3ですのでとても安心ですね。

不安な方は、オプションで建物に揺れを伝えにくくする免震性能を追加もできます。

度重なる地震でナットがゆるみ、家が倒壊してしまう原因となりますが、オメガシュリンク座金や耐震座金タイトニックといった特別な座金を使用し耐震強化しています。

3.断熱性・気密性が高い

センチュリーホームの家は高気密高断熱で、夏は涼しく冬は暖かいのが特徴です。

一年中適温で、快適に暮らすことができます。

冷暖房の効きが良いので、光熱費を抑え、節約にもつながります。

4.間取りのバリエーションが豊か

センチュリーホームはニーズの高いプランを600種類以上も用意しています。

価格を抑えたプラン通りの家や、プランをもとに少しアレンジを加えることも可能です。

また、プランを参考にして、完全自由設計の注文住宅を建てることもできます。

外観や内装などこだわりたい場所と、プロが考えた使いやすい設計と上手に使い分けながら住まいづくりを行うことができます。

5.無借金経営で安心

センチュリーホームは1983年に創業してから無借金で経営を行い続けており、安定した経営状況を維持し続けています。

せっかくマイホームを建てても途中で倒産や閉店が生じては、その後の建築やアフターサービスが不安ですよね。

センチュリーホームではローコスト住宅だけに専念することで事業の無理な拡大や派手な広告活動はせず、着実に業績を伸ばしてきた会社です。

そのため自己資本比率が平均21%の建築業界にあって、驚異の89%を超える比率を誇りその業績の安定さを裏付けています。

センチュリーホームで実際に家を建てた人の評判・口コミ

センチュリーホームの悪い評判・口コミ

悪い口コミは、実際に家に住んだ人や見学会に参加した人の正直な意見なので必ずチェックしましょう。

  • 注文住宅の坪単価が安くてセンチュリーホームにきめたのに、家づくりを進めていくと、設備など有料オプションで別途料金がかかるものが多かったです。

 

  • センチュリーホームで家を建てて10年経ちます。作りがしっかりしていて、床も傷つきにくくてとてもいいですが、購入した時に比べ、室内が寒く感じます。

口コミを見ると、坪単価が安いもののオプションでどんどんお金がかかるという声がありました。

センチュリーホームの良い評判・口コミ

耐震や耐熱に定評のあるセンチュリーホームの良い口コミはどうなのでしょうか。

  • 展示場に行って以来、家づくりの相談に乗ってくれてはもちろん、その後も家族の成長まで気遣っていただき感謝しています。

 

  • 理想の家を何度も納得するまで話し合い、こだわりをひとつひとつ親身に聞いてくれ、理想を形にしてくれました。

 

  • 家づくりだけではなく、手続き関係も丁寧に教えてもらい心強かったです。

 

  • 母に勧められ決めました。その言葉通り、建物の出来もスタッフの対応も良かったです。契約から引き渡しまでとてもスムーズに進み友人にもすすめたいです。

口コミを見ると、スタッフへの信頼感と、長期的にサポートしてくれるという声が多いように感じられました。

もしセンチュリーホームで家を建てるならスムーズに家作りができそうですね。

SUUMOで無料カタログ取り寄せはこちら⇒(工務店中心)

家づくりのとびらで無料カタログ取り寄せ⇒(ハウスメーカー中心)

センチュリーホームで住宅を建てるのがおすすめな人の3つの特徴

では、センチュリーホームで家を建てるのに向いている人はどんなひとでしょうか。

狭小住宅を建てる方

センチュリーホームのラインナップであるSSノリムⅡは高いデザイン性とアイディアで狭小住宅手も自由設計で家が建ちます。

要望通りの注文住宅の家づくりが可能です。

コストを抑えて家を建てたい人

坪単価が比較的安いにも関わらず、耐震・耐熱・耐火性のしっかりしたセンチュリーホームで災害に備えて、安心して住むことができます。

信頼できるスタッフで家作りを手伝ってほしい人

センチュリーホームではお客様の要望に沿った家作りを実現するために日々努力を怠りません。

些細な事でも相談できる信頼できるスタッフが多いので安心ですね。

センチュリーホームで注文住宅を建てる時に注意したいデメリット2選

次に注文住宅を建てるときに気を付けるポイントを2つご紹介します。

見学に行ったときにメモで情報収集

モデルルームの見学は一回で決めてはだめです。

様々なタイプ、価格帯のモデルハウスに行く事で、それぞれの会社のメリットやデメリットがみえてきます。

また、雑誌などではわかりにくい、間取りやデザイン、インテリアのアイデアもどんどん知識が付きます。

譲れない点、取り入れたい点などどんどんメモを取ることが、失敗しない家づくりへの第一歩です。

標準価格の設備か

モデルハウス見学時にその設備が基本的な料金に入っているのか、別料金のオプション品なのかを把握しましょう。

空調や、耐熱の設備などに関しては、あると思ったら別料金だったという失敗談はよく耳にします。

特に、モデルハウスは最新設備や再婚品質のものをおいています。

どこまでその値段でついてくるのか、予算内におさまるか見極める為にも、設備・オプションの確認は必ずしておきましょう。

実際に住む家を考えて、知識を得たり、標準設備なのかを営業担当や設計担当に必ず確認をしましょう。

SUUMOで無料カタログ取り寄せはこちら⇒(工務店中心)

家づくりのとびらで無料カタログ取り寄せ⇒(ハウスメーカー中心)

センチュリーホームで家を建てる際にかかる費用・坪単価

センチュリーホームの坪単価は30万円~60万円程度で価格帯は1,500万円~2,000万円とお手頃です。

基礎構造で断熱・耐震・気密性がしっかりしており、自由設計の注文住宅ができるので納得して購入している人も多いです。

センチュリーホームの商品ラインナップを特徴別に紹介

センチュリーホームでは、土地やライフスタイルに合わせてカスタマイズできる商品を展開しています。

Gネット

Gネットは、高性能の仕様をベースに自分好みにカスタマイズできるプラン。

坪数ごとに基本の仕様が決まっていますが、自由設計なのでこだわりを詰め込むことも可能です。

2階建てを基本として平屋住宅にも対応。

収納が充実しているプランや和室を設けたプラン、広々としたLDKのあるプランなど、様々なライフスタイルに対応しています。

SUUMOで無料カタログ取り寄せはこちら⇒(工務店中心)

家づくりのとびらで無料カタログ取り寄せ⇒(ハウスメーカー中心)

センチュリーホームで注文住宅を建てる際の流れ

では、センチュリーホームで注文住宅を依頼する際の手順を紹介します。

STEP①商品説明

構造、耐震、設備について、標準では何が装備されているか相談します。

STEP②現場見学会

実際の現場で、家の構造や仕上がり、広さなど確認してください。

STEP③資金相談

月々返済可能な金額など資金の相談を親身になってアドバイスしてくれます。

STEP④調査

役所、土木事務所、水道局などに行き土地の調査をします。

STEP⑤見積提示後契約

全ての見積にOKがでたら契約します。

STEP⑥地盤調査

地盤がゆるければ固めたり、調査、工事を行います。

STEP⑦最終打ち合わせ

仕様など最終チェックを行います。

STEP⑧着工~上棟

見学がいつでもできます。

途中経過を確認して、契約通りか確認します。

STEP⑨検査

耐震性・断熱性を第三者がチェックします。

STEP⑩完成

施主立ち合いで最終検査をして、引き渡しです。

センチュリーホームの全国のモデルハウス・住宅展示場情報

センチュリーホームのモデルハウスは神奈川県と東京都にあります。

大和店(神奈川県大和市)

所在地:神奈川県大和市中央7-4-12 S-center build 2-B
営業時間:AM9:00~PM8:00 水曜定休

東京支社(東京都台東区)

電話番号:0120(610)070
所在地:東京都台東区北上野2-8-9 ブランシカ北上野6F
営業時間:AM9:00~PM6:30

SUUMOで無料カタログ取り寄せはこちら⇒(工務店中心)

家づくりのとびらで無料カタログ取り寄せ⇒(ハウスメーカー中心)

センチュリーホームの会社概要

会社名 株式会社センチュリーホーム
住所 茨城県水戸市大塚町1993-3
代表者 荻津 一久
会社設立年 昭和58年7月
TEL 029-254-2661
ホームページ https://www.centuryhome.co.jp/

センチュリーホームの施工エリア

対応しているエリアは神奈川県となっています。(一部エリアをのぞく)

SUUMOで無料カタログ取り寄せはこちら⇒(工務店中心)

家づくりのとびらで無料カタログ取り寄せ⇒(ハウスメーカー中心)

まとめ

センチュリーホームは注文住宅にこだわる30年以上の実績のある老舗ハウスメーカーです。

コストパフォーマンスに優れ、基礎構造がしっかりしているので、オススメのハウスメーカーです。

自由設計で、狭小住宅でも家族全員の希望が叶う家つくりができること間違いなしでしょう。

センチュリーホームも検討してみてはいかがでしょうか。

気になる方は、資料請求をして、モデルハウスに休みの日に見学にいってみてくださいね。

まずは公式ホームページでバーチャル展示場が見られるのでご覧になってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/